タイムレコーダーは必要ない?アプリでどうやって管理する?


タイムレコーダーを置かない仕組み

アルバイトの管理をするのにタイムレコーダーを使うケースがあり、それぞれの職場にタイムレコーダーとそこに働く人のタイムカードが用意されています。働く人の職場が固定されているなら問題ないでしょうが、在宅勤務の人などは出社したり自宅などで働くなどタイムレコーダーに打刻できないときもあります。出張が多い人や日によって出勤する職場が異なる人も従来のタイムレコーダーとタイムカードの仕組みではうまく管理できないケースがありました。そこでタイムレコーダーではなくタイムレコーダーアプリの採用を検討しましょう。パソコンやスマホにアプリをインストールしておき、アプリ内の操作で出勤や退勤の打刻ができるようになっています。特定の場所に出勤をしない人でも仕事を開始するときと終わるときに打刻すればいいので、いろいろな働き方の従業員に対応できるようになるでしょう。

給与計算や経費管理と連携

正社員の給与計算方法として日給月給制があり、一か月の給料が毎月固定されていて欠勤や遅刻があればその時間を給料から控除するようになっています。そのためタイムレコーダーで出勤時間などの情報を取り集計する必要があり、それらの情報を集めて給与計算をしたり経費の精算をしなければいけません。タイムレコーダーが個々の事業所に単独で置かれているだけだとタイムカードを手入力するしないと情報が得られませんが、タイムレコーダーアプリならネットワーク上から情報が集められるので入力作業が必要ありません。さらにそれらの情報を給料計算システムや経費管理システムに連携させればそれらのシステムへの入力が減らせ、従業員の管理もしやすくなるでしょう。

タイムレコーダーには、カードに出勤と退勤の時間の記録だけでなく給料の締日マークを自動チェックしてくれる機能が付いているものがあります。

Close
Menu
Close