新人社員を即戦力にするためには?年配の方々にも社員研修は必須です


新人社員への研修は専門会社にアウトソーシングを

入社したばかりの若手社員には、社員研修が必要です。まだ学生気分が抜けきっていない若者も少なくはありません。社会人としての基本的なマナーや自社特有のルールやマニュアルを、まずは周知徹底させる必要が出てきます。本来であれば中堅社員が教育係になるのがベストです。しかし、主力である中堅社員が新人研修にまわると、プロジェクトの進行が遅くなったりと、オフィスのマンパワーが不足します。

そのため最近は中堅社員にそのまま普段どおりのお仕事を続けてもらうため、社員教育を外部の専門会社にアウトソーシングをする企業が増えてきました。基本的なマナー研修から、パソコン操作のコーチングといった専門性が高い内容まで、専門会社に委託すれば入社したばかりの新人を、あっという間に即戦力に成長させられます。オフィスのマンパワーが不足せず、またあえて客観的な第三者が教師役になる事で、新人社員がのびのびと研修に精を出せるといったメリットもあります。

ベテラン社員にもコンプライアンス研修が必要

社員研修と言えば新人限定の物事だと思われがちですが、いわゆる勤続年数が長いベテラン社員にも必要となりました。残念ながら年配の方々の中には、セクハラやパワハラへの理解が薄く、日常的に各種ハラスメント行為を繰り返す人がいます。コンプライアンス遵守が求められる今日、年配の方々にこそ、コーチングの再教育が必要です。ハラスメントが横行する企業風土では若手、女性社員の離職率が高くなり、企業イメージもダウンします。

管理職研修なら、外注で講師を招き入れて行うことで、緊張感も出て、さらに新しい風を吹き入れることができます。

Close
Menu
Close