これがあると便利!電気製品を自作するのに役立つ資格!


映像関係の電気製品に強いテレビ修理技術者

テレビやビデオデッキといった電気製品を自作するなら、テレビ修理技術者という資格がおすすめです。テレビ修理技術者は、映像関係の電気製品に関する知識を身につけられる資格で、電気製品の修理だけでなく、自作にも欠かせないスキルを学べます。この資格を取れば、テレビやDVDプレーヤーの内部構造について専門家になれるでしょう。

家電全般を自作するなら家電製品修理技術者になろう!

家電全般を自作したいなら家電製品修理技術者の資格を取りましょう。家電製品修理技術者は、テレビやビデオデッキだけではなく、冷蔵庫・洗濯機・調理器具など、様々な家電製品の自作に役立つ資格です。家電製品の構造や部品について詳しく学び、配電盤の配線もできるようになります。電流や電圧に関する専門的知識も得られて、漏電や感電のリスクを避けられるでしょう。

電気工事士の資格があればコンセントの増設もできる!

洗濯機や冷蔵庫よりさらに大型の電気製品を自作したいなら、電機工事士の資格があると便利です。この資格があれば、テレビや洗濯機の動力源となる電気供給機器を扱い、コンセントを増設できるようになります。初心者はまず電気工事士2級を受験し、余力があれば1級にチャレンジしましょう。コンセントの増設程度なら、2級だけで十分です。特に、100ボルトでは出力が小さくて不便なIHやエアコンなどの電気製品の電圧を200ボルトに変更したい時に、コンセントの増設が必要になり、電気工事士の資格を生かせます。

電気工事士の資格がないと携われない電気工事があるので、単に知識やスキルを得るためだけではなく、電気工事を法的に認められるために必要な資格なのです。

基板設計に必要な部品表や設計仕様書、並びに回路図等を用意し、フットプリントでプリント基板設計を行います。CADソフトでの基板外形データ作成から部品配置、パターン設計等がメインとなる作業です。

Close
Menu
Close